Charity Flower Arrangement lesson June 2019 (in Japanese)

【ご報告】チャリティーフラワーアレンジメントレッスン2019年6月 皆さま、こんにちは。今回のチャリティーイベントを企画しました木村です。先日、日本人の方を対象にしたチャリティーイベントをオーデルゲムで行いました。 今回のイベント内容は、講師の先生に指導していただきながら、参加者のみなさんに、各自お花のリースを作成していただくというものです。イベントの参加費が、インドの貧しい子どもたちの学資支援金として寄付されます。 レッスンの講師は、長年オランダとベルギーを中心にフラワーアレンジメントの教室をなさっている池下 万希子 先生。私が、以前から通っているお花の教室の先生です。私から先生に、イベントのご相談をしたところ、ボランティアで今回の講師を引き受けてくださることに。 そして当日、チャリティーの趣旨に賛同して参加してくれた方や、以前からフラワーアレンジメントをやってみたかった方など合計17名が参加。2時間ほどで、バラやベリーやライムなどを使った初夏にぴったりの爽やかなリースが完成。みなさんとっても楽しそうなご様子でした。 イベント中に、Our New Chapterの活動内容や、インドの貧困地域の子どもたちの様子などをご紹介させていただきました。そもそも、私が今回のイベントをやってみようと思ったのは、Our New Chapterの活動を一人でも多くの人に知ってもらう機会を作りたかったのと、チャリティー活動への関わり方は、色んな形があってもいいということを、私なりに何か発信したかったからです。英語やフランス語が堪能じゃなくても、できることは沢山あると思いますし、自分の趣味がボランティアに繋がるというのも素敵なことだと思います。 今回のチャリティーイベントの収益は250ユーロでした。けして大きな金額ではないかもしれません。でも、これで貧しい環境で育った子どもたちが3人も学校に行くことができます。その結果、彼らの人生は間違いなく変わります。だから私は、このイベントを企画してよかったと思っています。 最後になりますが、イベントにご参加くださった皆さん、講師の池下 万希子 先生、色々と手伝ってくれた友達、みんなに心から感謝しています。 以下は参加者の方々からの感想です。 火曜日は、チャリティーワークショップに参加させて頂きありがとうございました。リース製作中はお喋りすることも忘れ、夢中で花の事だけを考えて、あっという間に時間が過ぎていました。 また、今回自分が楽しむと同時に、参加費の一部がインドの貧しい村の子供達の教育支援となる様、企画・準備していただき、またその活動の一員になる機会をご紹介いただき、ありがとうございました。 5月に開催されたチャリティーコンサートのお話を伺ったのをきっかけに興味がありました。時間がある生活をしているにも関わらず、なかなか足を運べずにいたのですが…素晴らしい活動をされていると感じていた以上に今回参加した事で更に感じた事があります。 活動のお話を伺って、とても感動したのは、活動が一方的なものではなく、自らがイベントを企画して、それを楽しむ人がいて、それら全てが支援活動となっているところです。また、遠く離れて会うことは無いのだろうけど、支援先の村の子供達の声がこちらに届く両思いの関係が素晴らしいと思いました。チャリティー活動が素晴らしい事は分かっていても、自らが活動の主体となる事はとても難しいと思います。先ずは、出来るだけ多くの方に活動を知ってもらって、心に留めてもらう事が大切だと思いました。実際に参加すると、自分にも何か力になる事が出来るかもしれないよと教えてもらえた気がします。 5月のチャリティーコンサートが終わった後、木村さんが「もう少し、日本人が助けてくれたらな」とコメントされていたのがずっと気になっていました。残り少ないベルギー生活、お手伝い出来る事させていただきたいと思っています。よろしくお願い致します。 ベルギーに来て、初めてこの様なチャリティイベントに参加させて頂きました。チャリティ活動に興味はあっても、言葉の問題も含め、こちらで出来る事を探すのは難しかったり、積極的に行動できない方は多いのではないかと思います。でも、今回のチャリティは気負いせず、楽しみながら参加でき、私の様なちょっと何かしてみたいけれど、、と言う人にはもってこいのイベントでした。この様な機会があるとチャリティ活動も自然と身近に感じる事が出来ますね。出来上がったリースも本当に可愛く、お部屋を華やかにしてくれています。最後になりましたが、この様な機会を作って下さった皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。 今後の活動にご興味がある方はメーリングリストにご登録いただければ、ご案内をお送りします。メールアドレス…

Continue Reading →